有料老人ホームの看護師として働く

仕事内容はどんなもの?


有料老人ホームの看護師として働く

有料老人ホームにおいて、看護師は非常に大切な役割を持っています。というのも、高齢者の方がたくさん集まる施設で働くことになるわけですが、医師が常駐していない施設が多いからです。場合によっては看護師が重要な判断をしなければならないこともあります。

ですが、有料老人ホームは看護師にとってとても人気が高い職場でもあるんです。というのも、多くの有料老人ホームは施設の管理、清掃に力を入れており、キレイな環境で働くことができます。

それに、勤務時間として日勤のみといった働き方が選択できるというのも有料老人ホームで働く大きな魅力です。有料老人ホームの中には夜勤があるところもありますが、夜勤をしたくないと思っている場合は日勤のみの有料老人ホームを探して働くといいですね。

ただ、基本は日勤のみという有料老人ホームで働く場合も、オンコールには対応をしなければならない場合があります。オンコールとは、基本自宅待機のことです。

仮に夜勤の時間帯に有料老人ホームで何らかの緊急事態があった場合、そのまま様子を見ていいものなのか介護スタッフだけでは判断が難しい際に連絡がきます。すぐに出勤をしなければならない場合もあるので、完全な日勤のみとは言えないかもしれませんね。

といっても、オンコールは当番制となっているところが多いため、毎日対応しなければならないというわけではありません。得に看護師の数が多い有料老人ホームであれば一人あたりの負担は小さくなるでしょう。

看護師が担当する仕事内容についてですが、これは吸引やインスリンといった処置の他、往診のサポートなどを行います。入居している高齢者の方とお話をする機会もたくさんあるので、コミュニケーション能力に自信がある人のほうが向いていると言えるでしょう。

有料老人ホームには看護師だけでなく介護士も在籍しており、おむつ交換などは介護士が行ってくれるため、病院に比べると看護師の負担は小さい場合が多いです。

↑ PAGE TOP