看護師になるには3年制と4年制どちらの学校がよいの?

それぞれの違いは?


看護師になるには3年制と4年制どちらの学校がよいの?

小さい頃、病院で不安だったあなたを優しく迎えてくれた看護師に自分もなりたい!と思っている人は少なくないはずです。実際、看護師になるには3年制の学校と4年制の学校が存在します。いったいどちらの学校を選べばよいのでしょうか。その違いをご紹介しましょう。

まず、看護師になるための学校には、3年制の看護専門学校と4年制の看護大学があります。どちらも卒業時には看護師国家試験を受ける資格が与えられます。

では、3年制の看護専門学校の特徴をご紹介します。3年間勉強して看護師の免許を取得した後、助産師や保険師の資格を取得したい場合は指定の学校に1年間通う必要があります。その学校で1年勉強した後、ようやく助産師や保険師の受験資格が与えられるのです。最近では、助産師や保険師の受験資格を得られる総合カリキュラムを持つ4年制の専門学校も設立されているようです。看護師の資格だけなら最短3年間で取得できますので4年間看護学校に通う人よりは1年早く働く事が可能です。

一方、4年制の看護大学では、4年間のうちに助産師や保険師の受験資格を得るコースがある大学もあります。わざわざ卒業後に別の学校に通わなくても済むのです。また、専門学校にはない一般教養の授業があります。専門的な知識と共に一般教養を高め、様々な角度から病院、患者様、薬等を見つめ直していけるよう、探究心を持った人材を育てることを目標としています。

このように、3年制と4年制の学校では結果的に看護師国家試験を受ける資格が得られることは同じですが、その過程で学ぶ内容が若干異なります。

多くの病院では、同じ新卒でも4年制の看護学校を卒業していた方が給料が高い傾向があります。さらに看護大学で学べば系列の大学病院での実習なども行われるため、大きな組織での看護師の役割、その病院の方針や理念なども自然と学べます。ですので、昇給や昇進も看護大学を卒業していた方が若干早いと言われています。

ただし、これは人によっては当てはまらないこともあります。3年制の看護専門学校だからと言って不利な条件で働かされるわけではありません。実務を積んでいく中で本人の努力次第で変わっていくはずです。1年早く社会に出て経験を積めるのですから、それは3年制の看護専門学校の強みとも言えるでしょう。

↑ PAGE TOP