看護師転職-看護師と保健師の違いとは

看護師と保健師の違いは何?


看護師転職-看護師と保健師の違いとは



看護師と同じような仕事だと思われがちなのが保健師です。 ですが、両者には大きな違いがあるため、業務内容なども異なります。

どちらも保健師助産師看護師法に基づいた国家資格であるということは変わらないのですが、保健師は看護師の上位資格だといえるでしょう。

というのも、看護師になるために保健師資格は必要ありませんが、保健師の資格を取得するためには先に看護師免許を取得しておく必要があるのです。

つまり、将来的に保健師を目指したいと思っている方はまずは看護師免許を取得し、保健師としての養成課程を終了させた後に保健師の国家試験に挑む形になります。

これは、保健師の資格を取得している方は看護師としての知識や技術も持っているということですよね。 そのため、保健師の資格を取得していれば看護師として働く事もできるのです。

仕事内容の違いについてですが、保健師の場合は保健指導というものが基本的な仕事になります。看護師の場合は医師のサポートや入院患者の介助などですよね。このように、業務内容にも違いがあります。

それから、職場にも違いがあるのです。 看護師の働く職場と言えば病院やクリニックが多いのですが、保健師は役所や保健所で活躍しています。

病院で保健師の求人情報が出ていることもありますが、主な職場とは言えません。

保健師の主な仕事は保健指導であるとご紹介しましたが、この保健指導が行われているのが行政施設となります。 そのため、主な職場が病院ではなく役所などとなるわけです。

ただ、勤務先の中には保健師と看護師の両方を求めているところもあります。 それは企業です。

企業の中には健康管理室や保健室、医務室などを配置しているところもあるのですが、そういったところでは保健師や看護師資格を持った方が求められているので、このような職場を選ぶと協力しながら働くことも増えるでしょう。

保健師の資格が気になっているもののなかなか周りに保健師の方がいなくて話を聞ける環境にないという方は企業の看護師として働き、保健師と接する機会を作ってみるのも良いですね。准看護師の転職先として、是非検討してみてください。

企業看護師を目指す際に有利になるその他の資格

企業で働きたいと思っているのであれば、看護師以外にも取得しておくと有利な資格というものがあります。

まず、保健師です。 保健師の資格は保健師助産師看護師法に基づいた国家資格となるため、取得するのは簡単な事ではありません。

看護師資格を持っている方が保健師資格を取得しようと思ったら、保健師の養成課程を修め、国家試験を受ける必要があります。 看護師資格のみを持っている方に比べると就職はかなり有利になるので、取得を検討してみると良いですね。

つぎに、理学療法士の資格もあると有利です。 こちらは定められている受験資格を満たし、理学療法士国家試験に合格することで得られます。

理学療法士が活躍できる職場はとても幅広く、病院のほかにもリハビリテーション施設などで活躍している方も多いです。 企業で働きたいと思っているのであれば、理学療法士の知識を活かしてCRC・CRAのお仕事に就くのも良いですね。

医療関係の様々な職場で求められている職種でもあるため、理学療法士の資格を持っていると選択できる職場の幅も広がります。

次に臨床検査技師という資格もあります。 こちらは受験資格を満たし、臨床検査技師国家試験に合格することで取得できる資格です。

ただ、臨床検査技師の国家試験は非常に難しいことでも知られており、突破するのは簡単な事ではありません。 ですが、だからこそこの資格を持っているととても評価が高いのです。

たくさんの勉強も必要になってしまいますが、就職を有利に進めたいと思っている方は臨床検査技師についても考えてみると良いですね。

それから産業カウンセラーの資格も就職において有利になります。 現在はストレス社会であるため、たくさんの方がストレスに悩んでいますよね。

産業カウンセラーはたくさんのことのメンタルケアを担当することになり、人から感謝される仕事でもあるため、非常にやりがいを感じられるでしょう。

他にも企業で働くのに有利な資格はいろいろありますが、代表的なものについてご紹介しました。

透析看護師として働く魅力

看護師が選択できる職場の一つとして透析に関する職場があります。 実際に透析看護師として働いたことのある方でなければ具体的な魅力などがわからないかもしれません。

そこで、透析看護師の職場を検討しているという方のためにこの職場で働く魅力についてご紹介しましょう。

まず、当直はありません。 看護師として働いているものの、当直が嫌になってしまったということも多いのではないでしょうか。 そういった方は透析看護師を検討してみるのもおすすめです。

それから、日曜日は基本的に休みとなっています。 病院で働いていると日曜日にやらなければならないこともあったりしますが、日曜日が休みというのがとても嬉しいことではないでしょうか。

女性の中には結婚や出産を経験し、小さな子どもがいるという方も多いですよね。 日曜日が休みだと家族との時間も取れます。

実際に日曜日が休みであることに魅力を感じて透析看護師の仕事を選択したという方は非常に多いようです。

出産などを経験している方にとっても働きやすい職場だといえるでしょう。 そのため、職場側でも女性にとって働きやすい環境を作るために努力してくれているところもあります。

結婚や出産を経験すると一つの職場で長く働き続けるのが難しくなってしまうかもしれませんが、そういった方も透析看護師の仕事であれば長く続けられるかもしれませんね。

また、子どものいる看護師も多く働いているため、それぞれが協力し合いながら急な休み希望などにも対応している職場がほとんどです。

例えば、子どもが急に熱を出してしまったりすると人手の少ない職場や協力関係が整っていない職場ではどうしても休みが取れないこともあります。

ですが、透析室の中にはチームとしての仕組みを確立し、そういったケースでは休みが取りやすい状況になっているところが多いのです。

透析室の仕事というとなかなか想像しにくいかもしれませんが、交代制で働くことに疲れやストレスを感じている方も透析看護の仕事を検討してみると良いでしょう。

透析看護師として働いてキャリアアップを目指そう

看護師としてのキャリアアップを目指すために透析看護師という仕事を選択したという方もいるようです。 看護師がスキルアップをすることは患者さんにとってもありがたいことですよね。 上を目指したいと考えている看護師の方も透析の仕事に挑戦してみましょう。

ただ、職場によってはスキルアップに関する体制を整えられていないところもあるため、職場選びは慎重に行わなければなりません。
中電病院

それから、いくらスキルアップができるとしても働きにくい職場を選択してしまうと長続きしないので、自分にとって働きやすい職場かどうかもよく確認しておいた方が良いですね。

職場によっては先輩看護師に質問などをしにくい環境ができあがってしまっているところもありますが、新人の透析看護師を育てる体制が整っているところであればわからないことは積極的に質問しながら知識を深めていくことができます。

透析の仕事といえば外来のお客さんと接することが多いわけですが、その患者さんの多くは自己管理が必要な状況にあります。 ですが、家庭での過ごし方などはなかなか看護師からは見えませんよね。

透析室の看護師として働くためにはそのような看護師からは目に見えないような部分も患者さんの話をよく聞いてアドバイスやサポートをしていかなければなりません。 そのためには高いコミュニケーションケーション能力も必要となってきます。

透析室で働けばコミュニケーション能力もどんどん磨いていけるため、その他の職場へ准看護師で転職活動する際にも身につけたスキルを役立てることができるでしょう。

コミュニケーションをとるのが苦手という方もいるかもしれませんが、透析室の看護師として働けば先輩看護師と患者さんとの接し方も目にします。

それだけでも患者さんとどのように接するのが良いのか学べるため、コミュニケーション能力を高めるために透析室で働くことを検討するのも良いでしょう。

また、透析室には様々な患者さんが訪れます。 高齢者の方が多いということもあり認知症の方や生活習慣病を抱えている方とも接していくことになるわけですが、そういった方との接し方も学んでいける職場です。

↑ PAGE TOP